トップページ > CSR・社会貢献 > 環境への取り組み

環境への取り組み

ソニー企業は、21世紀の企業市民として環境においても先進性を持ちたいと考えています。

基本指針
ソニー企業株式会社は、「ソニーグループ環境ビジョン」を実践し、
地球環境の保全が人類共通の最重要課題の一つであることを認識し、
企業活動のあらゆる面で環境の負荷の低減に配慮して、
将来の世代にわたり人々が健全で幸せな生活ができ、
夢を持ち続けられるような持続可能な社会の実現に向けて活動します。

  • ソニー企業株式会社は、東京銀座のソニービルの運営と管理業務を行っていることを踏まえて、当社の事業活動、商品、サービスによる環境に対する影響を的確に捉え、環境目的・目標を設定して、汚染の予防と環境マネジメントシステムの継続的な改善を図る。
  • 環境関連法規制、条例及び受け入れを決めたその他の要求事項を遵守し、可能な範囲で自主基準を定め、環境管理の向上に努める。
  • 環境管理の重点項目として、以下の内容に取り組む。
    1. 環境に配慮したビル運営及び管理の推進を図る。
    2. 取扱商品及びサービスの環境への影響を配慮した販売活動に努める。
    3. OA紙の有効活用及びリサイクルを推進すると同時に、商品説明用パンフレット、チラシ等の作成に際しては、適切な製作量を心がけ資源保護に努める。
    4. 電気の省エネルギー活動を推進する。
    5. 廃プラスチック、紙類等の廃棄物は適切な管理、リサイクルの促進を図る。
  • 内部環境監査を実施し、環境マネジメントシステムの維持向上を図る。
  • 環境に関する社会活動の一環として、地域とのコミュニケーションを図り、地域社会の環境保全に貢献する。
  • この方針を達成するため、環境管理組織の整備、社員への環境教育・社内広報を実施し環境に関する意識向上を図る。

2009年4月1日
ソニー企業株式会社
環境最高責任者 菅原 健一

ページの先頭へ戻る